悪臭・汚水などの排水処理でお困りなら【株式会社メイカム】へ~水質汚濁防止法とは~

ホーム油脂分解で排水処理のコストを削減するなら【株式会社メイカム】~コラム~ > 悪臭・汚水などの排水処理でお困りなら【株式会社メイカム】へ~水質汚濁防止法とは~

水質汚濁防止法とはどんな法律なのか

工業用排水を海や川に流すことが原因で起こる公害は、世界中で起こっている問題です。日本でも「水俣病」「イタイイタイ病」などが大きな社会問題となりました。そこで日本では1970年に「水質汚濁防止法」が制定され、現在に至っています。

水質汚濁防止法とは、公共用水域の水質の汚濁防止を図るために制定された法律です。国民の健康を保護して生活環境を保全するのを目的として、工場・事業場などが公共用水域や地下水の水質を汚濁しないように規制をしたものです。

もしも、人や動物に被害が及んだ場合には、損害賠償の責任を負わなければなりません。ちなみに水質汚濁防止法は「特定施設」に対して施行されています。

水質汚濁防止法における特定施設とは、人間をはじめとする生き物の健康を害するおそれがある、有害な物質を含んだ水を排出する可能性がある施設のことを指します。例えば、ダイオキシンやカドミウム、鉛、水銀など、公害病の原因となりうる有害物質です。特定施設には、工業用施設だけではなく畜産・水産といった食品に関係する施設など、多くの施設が指定されています。

指定されている特定施設では健康項目・生活環境項目・地下浸透水に関する規制があり、有害物質で河川を汚染しないよう配慮する必要があります。水質汚濁防止法は、排水で周辺の環境を汚染したり、動植物に影響が及ばないようにするために必要不可欠な規制であり、排水処理施設の必要性も示唆している法律なのです。

自然のチカラで油脂分解!悪臭・汚水などの排水処理でお困りなら【株式会社メイカム】~悪臭の原因となる油脂汚泥も分解処理~

悪臭・汚水など排水処理に関してお困りの方は、【株式会社メイカム】が微生物での油脂分解をご提案いたします。食品工場や飲食店、給食センターなどの食品を扱う事業者様向けに、悪臭・害虫・汚水に関わる排水処理のサービスを行っています。

自然の生態系に由来する微生物製剤・消化酵素による油脂分解で、環境に配慮しながら高濃度油脂分解を実現することができます。

高水準の技術で、悪臭の原因となる油脂汚泥をすばやく分解処理することも可能です。自然界の浄化作用を活用した排水処理システムですので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

油脂分解で排水処理のコストを削減するなら【株式会社メイカム】~コラム~

油脂分解で排水処理のコストを削減するなら【株式会社メイカム】

​会社名

株式会社メイカム

住所

〒345-0833 埼玉県南埼玉郡宮代町西粂原528−8

電話番号①

0480-33-1733

電話番号②

080-4718-1119

ファックス

0480-33-1783

メールアドレス

URL

  • facebook

アクセス

〒345-0833 

​埼玉県南埼玉郡宮代町西粂原528-8

 

お電話&ファックス

電話番号:0480-33-1733

               080-4718-1119

ファックス: 0480-33-1783 

ホーム

会社情報

  会社概要

  理念

  海外事業

​  お取引先

お取引方法

 

製品サービス

​  酵素工場による微生物の高度利用

  排水処理

  厨房床の酵素水清掃

​  グリストラップ

  製品情報

​  技術情報

​    環境省ETV

​    油脂分解の仕組み

    菌叢の転換

    ATPふき取り検査