​ホーム>ブログ

【ラーメン店】排水設備の改善工事

最終更新: 2018年9月7日

排水の油脂含有量が高いラーメン店では、汚泥・油脂の引き抜きや臭気といった問題があります。臭い、引き抜き費用を軽減するために株式会社メイカムで行う改善を紹介します。


なぜ浄化槽に油が溜まってしまうのか

ラーメン店のように油の使用量が多いお店(洋食店、焼き肉店など)は、しばしば浄化槽の中で、固体化した油が浮いてしまいます。


〇グリストラップでは油がとり切れない。

グリストラップは浄化槽への油の流入を防ぐ、前処理設備としての役割を持ちます。しかし、グリストラップでは油は取り切れないことが殆どです。

グリストラップで油を止めるためには、水と油の十分な分離時間が必要です。しかし、排水量の多いピーク時では、分離する間もなくグリストラップを通過してしまいます。


〇浄化槽は油が流入してくることを想定しない設計になっている

油脂分離槽が前処理設備として入っていて、十分な容量を持っている設備もございます。そうでない設備の場合は、グリストラップを通過した油はそのまま浄化槽へと流れ込むことになります。


油が溜まるとどのような問題があるのか

〇水質の悪化

油を分解するには、BODを分解するよりも多くの時間を要します。対策もないまま浄化槽内に油を流入させてしまえば、十分に分解されないまま放流してしまいます。


臭いの発生

固体化した油は浄化槽内を浮遊します。時間が断てばそれらは腐り、強い臭気を放ちます。近隣トラブルの多くは、この臭いによるものです。


〇清掃費用

油が溜まりすぎると、浄化槽としての機能に障害を与えます。そのため定期的に油をバキュームで引き抜きます。これは小規模の設備でも月々数万~数十万かかります。


配管の詰まり

油はとても粘着性が高いので、配管の側面に付着していきます。徐々にそれは厚みを増していき、あっという間に配管を詰まらせてしまいます。


株式会社メイカムでは油を分解し、溜めません

株式会社メイカムでは油を溜めないために、油を「分解処理」して、浄化槽内に溜まらないようにしています。そのためには油を溜めないで水質も守る十分な分解力が必要になります。


〇微生物量を増やす

弊社製品の「酵素工場」は、微生物を培養する装置です。そこで微生物を増殖させ、浄化槽内に投入しています。また、酵素工場で培養することで微生物が多くの酵素を吐き出します。弊社では特に油を分解する酵素の「リパーゼ」を大量に生成するのが特徴です。


〇酸素供給量を増やす

油の分解には、微生物への多量の酸素供給が必要です。したがって、ブロワの大きさは通常よりも大きくなります。


改造工事の例

①ブロワ、散気装置、酵素工場(微生物培養装置)の導入だけの場合

油の分解は弊社としてはそれほど難しい問題ではありません。槽の増設を行わずとも水質改善、汚泥削減が可能な場合がございます。槽の増設をするか否かで数百万以上の費用の差があります。


②既存の槽の前に新しい油脂分解槽を設ける場合

既存の槽が小さすぎる場合、法律上改造ができない設備の場合などは、新しく槽を設けます。この場合、①に加えて浄化槽代や工事代などがかかるので、最初プランを提案する際は、なるべく①で済ませられないかを検討いたします。


【株式会社メイカム】は微生物の高度利用による排水処理・油脂分解でトータルのコスト削減をご提案!

【株式会社メイカム】では、微生物の高度利用による排水処理・油脂分解でコスト削減をご提案いたします。【株式会社メイカム】最大の強みは、独自開発の酵素工場(及び微生物製剤)による油脂分解を中心とした排水技術です。​この装置を使って排水処理施設全体の能力向上により、易分解性のたんぱく質や澱粉はもちろん、難分解性の高濃度油脂の分解を実現しています。これにより、環境に配慮しながら排水処理設備のトータルコスト削減をお手伝いいたします。ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。


電話番号:0480-33-1733

     080-4718-1119


ファックス: 0480-33-1783 


メール:m.nakamura@kouso-kj.com


関連リンク

油脂分解の仕組み


酵素工場による微生物の高度利用


浄化槽法と改良工事


油が配管に詰まる原因と対策


排水設備の悪臭を減らすには

879回の閲覧

【株式会社メイカム】は微生物の高度利用による排水処理・油脂分解でトータルのコスト削減をご提案!

【株式会社メイカム】では、微生物の高度利用による排水処理・油脂分解でコスト削減をご提案いたします。【株式会社メイカム】最大の強みは、独自開発の酵素工場(及び微生物製剤)による油脂分解を中心とした排水技術です。​この装置を使って排水処理施設全体の能力向上により、易分解性のたんぱく質や澱粉はもちろん、難分解性の高濃度油脂の分解を実現しています。これにより、環境に配慮しながら排水処理設備のトータルコスト削減をお手伝いいたします。ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください!

こんな方にお問い合わせを頂いています。

・排水設備やグリストラップの設備導入を検討している。

・排水の水質を改善したい。

・排水の臭い、害虫を削減したい。

​・グリストラップの油を分解したい。

​など

お問い合わせフォーム

アクセス

〒345-0833 

​埼玉県南埼玉郡宮代町西粂原528-8

 

お電話&ファックス

電話番号:0480-33-1733

               080-4718-1119

ファックス: 0480-33-1783 

  • facebook

ホーム

会社情報

  会社概要

  理念

  海外事業

​  お取引先

お取引方法

 

製品サービス

​  酵素工場による微生物の高度利用

  排水処理

  厨房床の酵素水清掃

​  グリストラップ

  製品情報

​  技術情報

​    環境省ETV

​    油脂分解の仕組み

    菌叢の転換

    ATPふき取り検査