更新日:9月1日



オイルボールとは

 

オイルボールは排水に含有した油脂が固形化し、ボール状になったものです。

様々な設備を見る限り、主に原水ポンプ槽のように微量のエアレーションを行っている槽で発生しやすいようです。


それは、槽内に溜まった油脂が固形化した後、エアレーションによって角が取れてボール状になっていると考えられます。


そのため油脂分離槽などでは油脂が水面を覆うように固形化するためオイルボールにはなりにくいです。


また、オイルボールの発生には水温が大きく関係します。

水温が高い場合は動物油の融点の関係で固形化しないからです。



物理的方法でオイルボールを削減

 

〇風量の増加

風量の増加で固形化した油脂の角を取るだけでなく、より細かく砕くことができます。

風量については、槽全体の滞留も考慮する必要があります。


〇活性汚泥の返送

油脂の固形化は油脂の溶解度が関係します。排水の中の油脂の含有率が高いと油脂は飽和してたちまち固形化してしまいます。

油脂の含まない活性汚泥を油脂含有排水に混ぜることで油脂含有率を下げることができます。


排水処理のお悩みはメイカムにご相談を

 

【メイカムとは】

高濃度排水の微生物分解処理を行っている排水処理機器メーカーです。

活性汚泥法の能力を引き上げる「微生物培養技術」の促進によって、多種多様な排水処理のお悩みを解決してきました。


【メイカムにできること】

〇油脂分解処理

「コスト、管理面」の2つの視点から油脂のお悩みを解決します。

メイカムが最も多くのご要望と改善実績を持つ分野です。


〇余剰汚泥分解処理

「汚泥は貯留せずに微生物の栄養として再利用(分解)」します。

新設は汚泥費用ゼロ、改造でも汚泥を大幅に削減した実績が多数。


〇管理環境の改善

油脂や余剰汚泥削減により、「悪臭、配管閉塞、害虫」などのトラブルも同時に解決します。

特に臭気トラブルの改善を主軸にご提案した結果、ランニングコストの削減にも繋がった例もございます。


【まずはお悩みのご相談を】

貴社の設備や生産状況、現状の管理環境さえも考慮に入れて、貴社に寄り添ったご提案をいたします。

まずどのような悩みをお持ちかをお聞かせいただき、共に課題解決に向けた取り組みをさせて頂けたらと思います。


<お問い合わせフォーム>

https://www.kouso-kj.com/contact

閲覧数:825回