更新日:9月1日


沈殿槽 浮上汚泥


沈殿槽とは

 
例:沈殿槽

沈殿槽とは汚泥と処理水を分離する役割の槽です。

水に比べて重い汚泥が沈むことで上澄みのきれいな処理水が放流されます。


また、沈殿せず浮上した汚泥が流出しないように越流ぜきと呼ばれるものが取り付けられており、汚泥をせき止める役割を持ちます。


溜まった汚泥はエアリフトやスカムスキマーといった設備によって返送される仕組みになっています。





汚泥による水質悪化

 
沈殿槽 浮上汚泥

いくら汚泥の返送を行っていても、沈殿槽の中は徐々に汚泥により汚れていきます

特に右写真から分かるように、越流せき(処理水の通路)よりも槽の壁面側(写真では右側)は汚泥が分厚く、越流せきの内部に汚泥が侵入しています。


これは、浮上汚泥を返送するスカムスキマーがせきよりも槽の中心側にあり、せきの外側の浮上汚泥を返送できていないために発生したトラブルです。

一般的な沈殿槽はこのような造りになっていることが多いです。


この状態では、どれだけ曝気槽での分解が順調でも最終的な水質は悪化してしまいます。


清掃のやり方

 

普段の清掃は散水ホースなどを使用した水洗いで十分です。

スカムスキマーを稼働し、そこに汚泥が集まるように清掃すれば、浮上汚泥が無くなっていきます。

またエアリストでも汚泥返送をしながら行うと、一時的に水位が下がり、清掃時の汚泥流出を低減できます。※満水でない汚泥貯留槽や流調槽へ返送した場合に有効です。


排水処理のお悩みはメイカムにご相談を

 

【メイカムとは】

高濃度排水の微生物分解処理を行っている排水処理機器メーカーです。

活性汚泥法の能力を引き上げる「微生物培養技術」の促進によって、多種多様な排水処理のお悩みを解決してきました。


【メイカムにできること】

〇油脂分解処理

「コスト、管理面」の2つの視点から油脂のお悩みを解決します。

メイカムが最も多くのご要望と改善実績を持つ分野です。


〇余剰汚泥分解処理

「汚泥は貯留せずに微生物の栄養として再利用(分解)」します。

新設は汚泥費用ゼロ、改造でも汚泥を大幅に削減した実績が多数。


〇管理環境の改善

油脂や余剰汚泥削減により、「悪臭、配管閉塞、害虫」などのトラブルも同時に解決します。

特に臭気トラブルの改善を主軸にご提案した結果、ランニングコストの削減にも繋がった例もございます。


【まずはお悩みのご相談を】

貴社の設備や生産状況、現状の管理環境さえも考慮に入れて、貴社に寄り添ったご提案をいたします。

まずどのような悩みをお持ちかをお聞かせいただき、共に課題解決に向けた取り組みをさせて頂けたらと思います。


<お問い合わせフォーム>

https://www.kouso-kj.com/contact


閲覧数:2,947回